このページの本文へ

ここから本文

リースのメリット

ユーザーのメリット

  1. 1

    資金にゆとりが生じます。

    一時期に多額の設備資金を手当する必要がありません。しかも100%の借入効果が得られるため、資金の固定化が回避され、温存された手元資金を他の有効な投資や運転資金に活用できます。
  2. 2

    少ない予算で理想の設備が導入できます。

    支払は月々一定のリース料だけで、導入時に多額の資金を準備する必要がないため、限られた予算を計画に合わせて最大限に活かすことができます。
  3. 3

    金融機関からの借入枠を温存できます。

    資金調達手段の多様化を図ることができ、金融機関の資金調達枠や担保物件を温存できます。
  4. 4

    コストの把握が容易になります。

    原則、リース料は月々一定額で変動しないため、設備使用コストの把握が容易になり、事業計画や資金計画を立てやすくなります。また、金利変動リスクも回避できます。
  5. 5

    リース料は経費として処理できます。

    リース料は減価償却費と支払利息、または賃借料として全額を経費処理することが可能です。
  6. 6

    バランスシートをスリム化できます。

    中小企業のユーザーは賃貸借処理が可能です。またリース会計基準適用対象ユーザーにおいても、少額リース取引等に該当する場合は賃貸借処理によりオフバランスが可能です。
  7. 7

    設備・機器の陳腐化を回避できます。

    法定耐用年数と比較して短くリース期間を設定できるので、対象設備の使用期間(経済耐用年数)にあわせてリース期間を設定することにより、タイミングよく最新鋭の設備を利用できます。
  8. 8

    管理事務が合理化できます。

    設備購入の手続き、資金手当、諸税の申告・納付、保険手続き、廃棄手続き等は三菱電機クレジットが行うので、管理事務負担が軽減されます。
  9. 9

    環境関連法令に沿った適切な対応が出来ます。

    リース期間終了後、リース物件を返却いただくだけなので物件処分の手間が省けます。三菱電機クレジットは環境関連法令に従い、適切に物件処分を実施します。

サプライヤーのメリット

  1. 1

    三菱電機クレジットの信用調査機能を活用いただけます。

    リースの審査を通じて新規取引先との商談に安心して臨むことができます。
  2. 2

    販売促進の手段となります。

    ユーザーの予算、支払条件などのニーズに合わせて、販売提案が可能となることから販売促進につながります。
  3. 3

    販売代金回収の早期化及び、確実性の向上が図れます。

    三菱電機クレジットが販売代金を一括して支払いますので、回収がスムーズで資金効率も格段に高まります。
  4. 4

    設備更新の販売活動を計画的・効率的に行えます。

    リース期間満了時期にあわせた設備の更新提案が可能になり、計画的・効率的な販売活動が実施できます。
ページトップへ