このページの本文へ

ここから本文

法人のお客様用 よくあるご質問

リース・レンタル・割賦の違いはなんですか?

それぞれ違いは下記の表の通りです。

  ファイナンス・リース レンタル 割賦
対象物件の選択 ユーザーが自由に選定 レンタル会社が保有する在庫から選択 ユーザーが自由に選定
契約期間 比較的長期(3~7年が多い) 短期間(時間・日単位等) 比較的長期(5年以内が多い)
物件の所有権 リース会社 レンタル会社 ユーザー(一般的には完済まで売主に所有権留保される)
物件の保守・修繕等 ユーザーが義務を負う(メンテナンスリースの場合は一定範囲でリース会社) レンタル会社が行う ユーザーが行う
中途解約 原則不可 可能 原則不可
契約終了時 物件の返還または低価格での再リース(更新)の選択可能 レンタル会社に物件返還 ユーザーの資産となる(所有権移転)

リースはどのような物件が対象ですか?

リースの取扱い品目は、工場設備からOA機器までほとんどの動産が対象になり、企業で必要な機械設備ならすべてご利用いただけます。
但し、不動産や建物付属設備、構築物などは原則としてリースの対象になりません。

リース物件に付保されている動産総合保険はどのような場合に利用できますか?

動産総合保険の対象物件は原則として全ての動産(但し、航空機、船舶、自動車、鉄道車輌、発電機等は除外)であり、日本国内で発生する偶然の事故によって生じるほとんどすべての損害を担保します。

  • 火災、爆発、破裂、落雷による損害
  • 盗難による損害
  • 破損による損害
  • 暴風、旋風などの風災による損害
  • 自動車の飛び込み、航空機の墜落、接触、航空機からの落下物による損害
  • 洪水、高潮、台風などの水害による損害

ただし、地震や戦争による損害は、一般的な動産総合保険ではカバーされません。

  • 工作機械・産業機械につきましては、お客様のご希望により「電気的・機械的事故」も担保することができます。

リース期間は自由に決められますか?

お客さまの希望によって決めていただくことができますが、リース料全額を損金処理できる税務上の適正なリース期間は、物件の法定耐用年数の70%(法定耐用年数が10年以上の場合は60%)の年数以上と決まっています。

法定耐用年数 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
最短リース期間 2 3 4 4 5 6 6 6 7 7 8 9

(単位:年)

リースや再リースが終了した後はどうなりますか?

リース期間または再リース期間満了時には、そのまま継続して物件を使用(再リース)するか物件を返却するかを自由に選択していただけます。
返却の場合は、当社の指定する場所、または指定する業者に返還していただきます。
尚、この返還費用はお客さまにご負担いただくこととなりますのでご了承ください。

リース料はどのように算出されるのですか?

リース料は、物件の取得価額にリース期間中の金利、固定資産税や保険料を加えて計算されます。
そのリース料総額をリース期間(契約月数)で均等に割ったものが月額リース料です
リース料率は、月額リース料を物件の取得価額で割り戻した率となります。

リース物件でもアフターサービスは受けられますか?

リース物件でも、メーカーやディーラーのアフターサービスを受けられます。
その場合の保守契約は、お客さまと保守会社間で直接行なっていただくことになります。
保守会社への保守料が毎月一定額であればリース料とまとめてお支払いただける場合もありますので弊社営業担当者にご相談ください。また、自動車や特定物件のメンテナンスリースをご契約いただいた場合は、一定範囲でメンテナンスサービスをご提供します。

リース物件に関わる保険や税金の支払いは誰がするのですか?

固定資産税の申告・納付、損害保険(動産総合保険)の付保手続きは三菱電機クレジットが行ないます。
この他にも少額リース取引や中小企業のお客様においては機械設備の資産計上や償却事務などの事務手続きが省略できますので、管理事務の合理化が図れます。

リース契約は、中途解約はできますか?

リース契約はレンタルと異なり、リース期間の途中で契約を解約することはできません。
しかし、どうしても止むを得ない場合は、物件を返還いただき、中途解約金をお支払いただいて契約を解約することになります。
中途解約する場合は、所定の手続が必要となります。ご了承ください。

契約中のリース契約を第三者に承継できますか?

原則、債務承継はできません。しかし、どうしても止むを得ない場合は、債務承継手続きをおこないます。
ただし、承継先の審査をさせていただきますので、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。

承継手続きのお問合せ先
【三菱電機クレジット株式会社 お客様相談室】
フリーダイヤル 0120-505-485
  • お問い合わせの際には、契約番号が必要になりますので、申込書のお客様控え或いはお支払い明細書をご用意の上、お問い合わせください。
    受付時間は、土・日・祝・年末年始・弊社指定休日を除く 午前9時から午後5時まで。
ページトップへ