このページの本文へ

ここから本文

再生可能エネルギー発電事業者向けプロジェクト・ファイナンス

プロジェクト・ファイナンスとは特定の事業に対するファイナンスであり、そのファイナンスの返済原資を原則として当該事業から生み出されるキャッシュフローに限定し、また、そのファイナンスの担保を当該事業に係る資産や権利に依存して行う金融手法です。
FIT(固定価格買取制度)を活用した発電事業の場合、そのプロジェクトから生じる売電収入を拠り所として融資を提供するノンリコース(非遡及型)ローンの手法が前提となります。ただし、事業収入が得られない、または収支が安定しない等の不確実性(事業リスク)を内包するケースでは、その一部に対応するためスポンサーが追加の資金提供義務を負う等、スポンサーの信用力に部分的に依拠するリミテッドリコース(限定遡及)の方法を用いる場合もあります。

メリット

リコース(全面遡及型)ローンが前提となるコーポレート・ファイナンスと比較した場合、スポンサーの負担する責任が限定される点が最大のメリットとなります。また、スポンサーや事業関係者の事業遂行能力を前提として適切な事業リスクを分担することにより、個々のスポンサーの信用力に依拠したコーポレート・ファイナンスの場合よりも、資金調達力が高くなる場合があります。さらに、スポンサーは、出資等の限定された範囲でのみ資金提供を行い、多額の借入れを行うことによって投資収益率を高めることができ、少ない元手で高いリターンを得るという、いわゆるレバレッジ効果が期待出来ます。また、適用される会計基準等によっては、スポンサーの貸借対照表へ影響しない(オフ・バランス)、または当該影響を限定的なものとすることが可能な場合もあります。

対象商品

シニアローン、メザニンローン、エクイティ等が対象となります。

資金使途

新設及び既設の再生可能エネルギー(太陽光、営農型太陽光(ソーラーシェアリング)、風力、水力、バイオマス、地熱等)を利用した発電所建設や取得に必要な資金が対象となります。

その他

ファイナンスの提案はもちろんのこと、発電設備の選定、事業パートナー(EPC、O&M、AM等)のアレンジ、事業性検証など、プロジェクト・ファイナンスの組成を積極的にご支援いたします。
また、既設の再生可能エネルギー発電所に関する、発電設備の診断、蓄電池設置、施設売却、ストラクチャー変更、流動化など、あらゆるご相談に応じます。
サービスに関するお問い合わせ
  • フォームよりお問い合わせ

  • お電話でお問い合わせ

    エネルギー・インフラソリューション営業部
    03-5496-5694

ページトップへ