このページの本文へ

ここから本文

オペレーティングリース

リース期間満了時の残存価額(残価)を三菱電機クレジットが査定し、物件の元本部分から残価を差引いて、リース料を算出するリース取引です。
通常のファイナンスリースに比べ、 リース期間中はお客様に有利なリース料で物件をご利用いただけます。
また、お客様のご希望に応じたリース期間の設定が可能なため、多様なニーズにお応えします。

メリット

(1) 総投資額を軽減
  残価設定により、リース料総額を低く抑えることができ、投資リスクの軽減につながります。
(2) 柔軟なリース期間設定が可能
  ファイナンスリースよりも短く、柔軟にリース期間を設定できるため、生産期間が限定されている場合や、
  常に最新機器が必要な生産現場にも リース導入ができます。
(3) リース満了後はニーズに合わせた柔軟な選択が可能
   リース期間満了後は、①物件返却② 二次リース③公正市場価格にて購入のいずれかを選択できます。
(4) オフバランス取引
  支払リース料は全額費用計上・損金処理できるオフバランス取引になります。
(5) 物件管理・事務のアウトソーシング
  機械設備の購入手続き、資産計上、償却事務、 固定資産税の申告・納付・損害保険の付保手続きなど
  事務手続きの負担を軽減し、事務の合理化がはかれます。

対象商品

原則として中古市場が形成され、将来の中古価値が見込める物件が対象です。
(代表例)工作機械、鍛圧機械、建設機械、自動車など。
サービスに関するお問い合わせ
ページトップへ