このページの本文へ

ここから本文

PFI事業(PPP/官民連携)

PFIとは

公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的協力を活用し、行政が直接実施するよりも効率的・効果的に公共サービスを提供する戦略的手法をPFI(Private Finance Initiative)といいます。
行政の事業コスト削減、質の高い公共サービスの提供が可能なため、政府の経済財政一体改革の実現に寄与する手法として積極的に活用されています。事業の実施については、PFI法(※)に基き行われます。

(※)「民間資金等の活用による公共施設等の整備の促進に関する法律(PFI法)」(平成11年7月制定、平成11年9月施行、平成30年6月一部改正)。
   同法に基きPFI事業の基本方針が定められています。

三菱電機クレジットのPFIストラクチャー(一例)

PFI事業に参加するコンソーシアム(共同企業体)の構成企業が、PFI事業者となる特別目的会社(SPC)を共同出資で設立し、SPCが事業者として設計・
建築・維持管理・運営等の必要な業務を、各構成企業に発注する等して事業を推進します。
弊社は、コンソーシアムの構成員として事業に最適なストラクチャー構築を行います。

三菱電機クレジットの役割

<マネジメント>

<ファイナンス>

サービスに関するお問い合わせ
  • フォームよりお問い合わせ

  • お電話でお問い合わせ

    エネルギー・インフラソリューション営業部
    03-5496-5694

ページトップへ